RECLINIC アールイークリニック

細胞機能再生・幹細胞培養上清液 療法「アールイー・クリニック 表参道」

当院について RECLINIC誕生ストーリー

  1. TOP
  2. RECLINICとは?
  3. RECLINIC誕生ストーリー
  4. 「RECLINIC」のキーパーソンズ(9/9)

「RECLINIC」のキーパーソンズ(9/9)

RECLINIC 院長 斎藤糧三 Ryozo Saito

医師。日本機能性医学研究所 所長。1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業後、産婦人科医に。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、「機能性医学」の普及と研究を推進するため「日本機能性医学研究所」を設立(2009年に法人化)。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を白澤卓二先生とともに設立、副理事長に。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。 2019年、細胞機能再生クリニック「RECLINIC」を開院。
著作・監修本に「慢性病を根本から治す『機能性医学』の考え方」(光文社新書)、「糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!ケトジェニックダイエット」(講談社)など、多数。

日本機能性医学研究所 https://ifmj.jp/
詳しいプロフィールはこちら

RECLINIC アドバイザー 野中秀訓 Hidenori Nonaka

アンチエイジング株式会社 代表取締役。1968年生まれ。1988年、国立高専を卒業後、精密機器メーカー入社。1993年、韓国現地法人拠点長として渡韓し10年間駐在。2012年、アンチエイジングのスペシャリティ成分、幹細胞培養上清液を扱う「アンチエイジング株式会社」設立。2014年6月、がんを告知される。大腸がんステージ4、肝臓やウィルヒョーリンパ節、大動脈リンパ節転移。余命12カ月宣告を受けるも約1年で寛解。その経緯と寛解までに実践したことを綴った著書「がんになって、止めたこと、やったこと」(主婦の友社)が話題に。監修は、医師 斎藤糧三。
2017年、育毛美髪専門の完全個室サロン「RESALON」を、渡辺佳恵とともにオープン。2019年、「RECLINIC」のアドバイザーに。

アンチエイジング株式会社 http://www.anti-ageing.co.jp/

スーパーバイザー 渡辺佳恵 Yoshie Watanabe

大学在学中から雑誌のライターとして活躍し「CanCam」に14年在籍。その仕事ぶりが評価され、フリーの編集者ながら同誌初のファッションディレクターに抜擢。その後、独立し(株)One to Tenを立ち上げ、ブランドプロデューサーとして、美容ブランドを中心に女性向けコンテンツのマーケティング、ブランディング、PRを行う。2017年に、自身の悩みを解決したメソッドを具現化した、育毛美髪専門の完全個室サロン「RESALON」を表参道にオープン。2019年、「RESALON」2号店をオープン。同時に「RECLINIC」のスーパーバイザーに。

詳しいプロフィールはこちら